外来診療セカンドオピニオン外来

セカンドオピニオン外来について

「セカンドオピニオン外来」では、他院におかかりの患者さまを対象に、現在の診断・治療法に関して、当院の専門医が意見・判断を提供いたします。
その意見や判断を患者さまご自身の治療法を選ぶ際の参考にしていただくことが目的です。
患者さまからのお話や主治医の先生からの資料の範囲で判断を下すことになりますので、主治医の紹介状(診療情報提供書)、レントゲンフィルム・検査結果などをお持ち頂くことが必要になります。
原則として当院での新たな検査や治療は行いません。

セカンドオピニオンとは?

セカンドオピニオンとは、現在の病気の診断や治療方法について、現在診療を受けている医師以外の医師に意見・判断を求め、患者さまご自身やご家族が納得された上で検査、治療を受けていただくものです。

対象となる方

  • 患者さまご本人
  • 診察券(I D)再診の方
  • ご本人の同意書があればご家族のみの相談も可能です
  • ※患者さまご本人が正しい病名をご存知の場合に限らせて頂きます。
  • ※相談当日、患者さまご本人との続柄を確認できるもの(健康保険証、住民票等)が必要となります。

当院へのセカンドオピニオン依頼について

他の医療機関で治療中の患者さまで、当院のセカンドオピニオンを希望される方は、連携支援センター宛に電話でご相談下さい。
当院のセカンドオピニオン外来では、その場で転院をお勧めすることはありません。
最初から転院をご希望の場合には、セカンドオピニオン外来の対象とはなりません。診療情報提供書(紹介状)をご持参のうえ、当院一般外来を受診してください。

対象疾患と外来予定表

診療料 対象疾患名 担当医師 相談日
外科 外科 鼠径ヘルニア 名誉院長 中嶋 昭 月曜日 午後
リハビリテーション科 リハビリテーション科 脳卒中(回復期リハ) 院長 和田 義明 月曜日 午前
内科(透析) 内科(透析) 慢性腎臓病(特に療法選択について) 部長 今村 吉彦 火曜日 午後
整形外科 整形外科 股関節症(変形性を含む) 副院長 松原 正明 土曜日 午前

※他の相談日を希望される場合、要相談にて対応可能となる場合があります。

料金

  • 30分まで10,000円(税別)。30分超60分まで15,000円(税別)
  • 健康保険は適用されませんので全額自費となります。当日会計窓口でお支払い下さい。

相談日時と場所

  • 相談日は完全予約制です。お申し込み頂いた後、当院から相談日時をご連絡いたします。
  • 相談時間は30分までとし、相談内容によっては最大30分延長いたします。
  • ご相談は診療室で実施します。

ご相談をお受けできない場合

  • 予約外の場合
  • 主治医に対する不満や苦情、医療訴訟目的及び裁判係争中の場合
  • 相談内容に関する専門医がいない場合
  • すでに死亡されている患者さまの場合
  • 当院から指定された資料(診療情報提供書・レントゲンフィルム・検査データ等)をお持ちでない場合

お問い合わせ窓口

日産厚生会 玉川病院 連携支援センター

TEL:03-3700-2779 FAX:03-3700-1330

当院患者さまによる他医療機関へのセカンドオピニオンの保証について

当院は、患者さまやご家族が当院の診療方針に関して、他の医療機関医師によるセカンドオピニオンを希望される場合、その権利を保証し実施を支援いたします。
現在当院で治療中の患者さまで、他の医療機関医師にご自分の病気に関する治療方法などの相談を希望される方は、遠慮なく主治医や看護師にご相談下されば、診療上のデータを提供いたします。
そのことで以後の診療に問題が発生することは一切ありません。

セカンドオピニオン外来の一般的な流れ

連携支援センターへお電話下さい。

相談の概要をお聞きします。TEL:03-3700-2779

申込書・同意書を下記からダウンロードして印刷して下さい。

※ダウンロードや印刷ができない場合は、郵送いたします。

資料作成

現在おかかりの病院の主治医へセカンドオピニオン希望の申し出を行い、診療情報提供書、検査データ等の資料作成を依頼して下さい。

資料のご提出

申込書・同意書に必要事項を記載し、診療情報提供書、検査データ等と一緒に当院までお持ち下さい。(郵送可)

予約日時をご連絡

申込書に基づき、担当医と調整のうえ、予約日時をご連絡いたします。

相談当日

相談当日は「総合受付」へお越し下さい。

Top