ペイン外来(予約制)ペインクリニック外来について

外来診療担当医表


時間帯
午前
受付時間:08:30〜11:30
診療開始:09:00〜
診療なし 診療なし
不破 礼美9:00~10:00 新患のみ・予約制
診療なし 診療なし
不破 礼美9:00~10:00 新患のみ・予約制
午後
受付時間:12:30〜15:30
診療開始:13:00〜
診療なし 診療なし 診療なし 診療なし 診療なし 診療なし

ペインクリニック外来について

痛みには内服や点滴だけでなく、神経ブロックを中心としたインターベンショナルな治療、理学的、心理的方面など多方面からのアプローチにより治療をする必要があります。痛みは検査や数値で評価することが難しく、医療者や他人に理解されないことも多い症状です。当ペインクリニック科では、患者さん一人一人に向き合い、十分に話しを伺い、その方にあった最適な治療を選択することを目標としています。痛みでお悩みの方は、是非一度いらしてください。

主な疾患

腰椎椎間板ヘルニアや腰部脊柱管狭窄症などの腰下肢痛、頚椎症、頚椎椎間板ヘルニアなどの頚肩腕部痛、帯状疱疹や帯状疱疹後神経痛による痛み、三叉神経痛など

診療する疾患や診療内容

腰痛症

椎間板ヘルニア、狭窄症、圧迫骨折、変形性腰椎症など原因は様々です。

椎間板ヘルニア

腰下肢痛の原因のひとつです。椎間板が神経を圧迫し痛みが出現します。保存的に診れることも多く、硬膜外注射や神経根ブロックなどのブロック注射、内服、日常生活の指導などで改善することもありますのでご相談ください。

頸や腕の痛み

腕が痺れる、痛い、頸の後ろや背中が痛いなどの症状は頸の骨が原因の可能性があります。レントゲンで検査し、内服や神経ブロックなどで治療をおこなうことができることもあります。

帯状疱疹後神経痛

帯状疱疹になった際には強い痛みが伴うことも多く、なるべく早期に痛みのコントロールをする必要がありますのでお早めにご相談ください。

特記事項

痛みがあることで日常生活の質は大きく変化します。どんなに些細なことでもご相談ください。すべての患者さんが少しでも快適な毎日を過ごせるように最善を尽くします。

設備や検査

超音波画像診断装置(エコー)

神経ブロック時、ブロック針先端を正確に把握し、有効な神経ブロックを施行できると同時に、合併症を予防します。

透視室(イメージ)

正確なブロック、造影剤による造影検査で使用します。

ニューロサーモNT500(高周波熱凝固法、パルス高周波法)

慢性疼痛治療を主目的に施行される神経ブロック療法に使用可能な焼灼術用電気手術ユニットです。この方法は従来、アルコールやフェノールの神経破壊薬を使用して施行されてきたブロックに代わり、高周波電流による分子振動熱を利用して神経破壊をする最小侵襲での治療が可能な安全な方法として注目されています。神経破壊薬を使用する治療は医師の経験・技術に頼む部分が大きく、薬液の浸潤による運動機能障害や必要知覚の低下などの合併症の可能性があります。高周波熱凝固法は、電気刺激により対象神経を確認し、高周波電流により必要最小範囲の凝固が可能な事からペインクリニック科に普及しています。当院でもペインクリニック新設に当たり、導入しました。

Top