直腸・肛門外科当科について

直腸・肛門外科について

痔について

痔は直立歩行を始めた人類に特有の疾患とも言われ、なんと!日本人の3人に1人は何らかの痔疾患があるといわれています。
痔の患者さんは病気の場所が場所だけに恥ずかしがって診察、治療が遅れ、我慢できなくなってやっと受診されることが多く見受けられます。また、もっとも重大なことは直腸癌、大腸癌も同じような症状を示すことが多いため、痔と思い込んでしまい癌の治療を手遅れにしてしまうことです。特に排便時の肛門出血の場合は必ず検査が必要です。
少しでも「痔かな?」と思ったら早めにご相談ください。

痔は「痔核」「痔瘻」「裂肛」の3種類に分類されます。

痔核(俗称:イボ痔)

肛門周辺の静脈が鬱滞し静脈瘤となったり組織が浮腫、厚くなったりまた血液が固まりしこり(血栓)となったものです。症状は「出血」「痛み」「突出」です。軽度のものであれば軟膏、座薬などの使用で軽快します。痛みの強い血栓性痔核には局所麻酔で血栓を除去(血栓除去術)します。また突出した痔核に対してはゴム輪を掛け結紮し脱落させる治療(痔核結紮術)も行っています。これらはいずれも外来で行い平常生活のまま過ごせます。
ほとんどの場合は上記の治療で大丈夫ですが、常時脱出しているような痔核で症状がとても強い場合には手術の対象となります。痔の手術はとても痛いと評されますが、最近では痛みを伴わないPPHという方法があります。肛門部には直接タッチせず直腸の内部で治療する方法で、術後の苦痛がとても少ない術式です。短期間入院でできます。

痔瘻(俗称:穴痔)

肛門の内部と肛門周囲の皮膚にトンネルができた状態です。皮膚にあるトンネルの出口に肛門から流れてきた便とバイ菌により膿のたまり場が形成されて痛みや発熱の原因となります。表層の切開のみで排膿できず、再発を繰り返すときは手術が必要になることもあります。

裂肛(俗称:切れ痔)

肛門に出来た傷を指します。手足の切り傷と同様に痛みと出血が主な症状であり、多くは通常の創傷と同じく傷を保護、消毒して安静にしておくことで治ります。しかし慢性化すると瘢痕化して肛門が狭くなってしまうことがありますので注意が必要です。

これら痔疾患を悪化させないための日常生活のポイントは

  • 便秘をしないよう心掛ける
  • 排便後に肛門を清潔に保つ
  • 仕事などで同じ姿勢をとり続けない

等があげられます。軽度の痔であればこれらの生活改善だけでも治ることがありますので、痔と言われたことのある方はぜひ心掛けてみてください。

Top