産婦人科産科について

外来診療担当医表


時間帯
午前
受付時間:08:30〜11:30
診療開始:09:00〜
望月 千明
金子 均婦人科

外来担当医(婦人科)

午後
受付時間:12:30〜15:30
診療開始:13:00〜

外来担当(産後1ヵ月健診)

外来担当医(婦人科)

診療なし

休診・代診のお知らせ

日時
2017/11/04 (土曜日)
時間帯
終日
外来
産婦人科
医師
金子
休診・代診
代診なし
日時
2017/10/24 (火曜日)
時間帯
午前
外来
産婦人科
医師
望月
休診・代診
代診・松原
日時
2017/11/25 (土曜日)
時間帯
終日
外来
産科
医師
鈴木
休診・代診
代診なし
日時
2017/11/25 (土曜日)
時間帯
終日
外来
産婦人科
医師
鈴木
休診・代診
代診なし

産科からのお知らせ

産婦人科 石原愛子医師は産休のため、休診いたします。
期間:8月17日(木)~11月30日(木)(予定)
※期間は状況により変更することがございます。
※期間中は他の医師による代診または休診いたします。

患者さまにはご迷惑をお掛けいたしますが、ご理解の程宜しくお願い申し上げます。

産科のご案内

当院(産科)の基本方針

分娩は安全を最優先し、自然分娩を目指しております。医学的処置が必要な場合は、すみやかに対応しております。
当科では、妊娠やお産、その後の子育てに至るまで、日頃の健診や両親学級、入院生活を通じてスタッフでサポートいたします。
皆さまが抱くであろう疑問・悩み・不安などについて、親身になって相談にのり、支えていけるよう心がけております。
また総合病院であることから、様々な症状に対応できる体制も整っております。
産科の外来・入院棟はともにアットホームで温かい雰囲気でを大切にしています。皆さまが安心してこれからの生活が送れます
よう、スタッフ一同、力を尽くしていきます。

一緒に大切な赤ちゃんの誕生を迎えましょう。

産婦人科のご案内

外来案内

受付時間8:30~11:30 / 12:30~15:30
持ち物健康保険証・診療情報提供書(他病院に受診中の方)

※土曜日は診察が大変混み合っており、診察までの待ち時間が長くなる場合がございます。
 初診で来院される方は、なるべく平日に受診されることをお勧めします。
 皆さまには大変ご迷惑をおかけ致しますが、ご理解とご協力をお願い致します。

産婦人科外来

妊婦健診の流れ

1. 再来受付機で手続き

2. 産婦人科外来で血圧・体重測定をします。

測定用紙を母子手帳に入れて窓口へ出してください。
その後尿検査をし、待合室でお待ちください。

3. 必要時、助産婦による保健指導があります。

その他、ご質問等があれば気軽に声をかけてください。「マタニテイbook」を1人に1冊お配りしますので、大切にご使用ください。
マタニティbookは入院時にもお持ちください。

4. 医師の診察

5. 会計

妊婦健診で行う検査

週数検査内容
15週まで 血液検査 血液型・不規則抗体・貧血・血糖・B型肝炎・梅毒・HIV・風疹・トキソプラズマ
子宮頸がん  
20週頃まで クラミジア 子宮口にクラミジア(微生物)がいないか検査
血液検査 C型肝炎・HTLV-1
24~28週頃 血液検査 貧血・血糖(GCT)
35~36週頃 膣内細菌検査 子宮口にGBS(細菌)がいないか検査
36週以降 胎児モニタリング モニタ(NST)を装着し、赤ちゃんが元気か検査
37週 血液検査 貧血

費用

自治体の公費割引制度を適用した上で、不足分についてのみご負担頂いております。
妊婦健康診査受診票をご利用いただけます。(使用できない自治体もあります。)
詳細につきましては受付までお問い合わせ下さい。

分娩予約

胎のう(赤ちゃんが入っている袋)が確認できたら、分娩予約の受付をいたします。
当院は、個室14床の産科棟で、ベットの都合上定員に限りがあります。妊娠が決定したらお早めの分娩予約をお願い致します。
分娩予約に関するお問い合わせは、産婦人科外来までお願い致します。
平日:10:00~16:00 電話:03-3700-1151(代)

入院案内

安全を最優先し、産婦さまの思いに寄り添った分娩

当科では、皆さまのバースプランに沿った出産ができるようサポートします(内容は
妊婦健診時に確認させていただきます)。また、分娩時はパートナーの立ち会いが可能です。
陣痛促進剤は、医学上明らかに必要と考えられる場合にのみ、妊婦さんの同意をいたただいた上で安全に使用しています。
会陰切開は、有益性が高いと判断された場合に行います。

万全のチーム医療と安心サポート

参加医師と助産師は皆さまの情報を共有し、連携しながら日々のケアを行っております。
妊娠中から産後までお一人おひとりのお話しを聞き、主体的に分娩・育児に取り組めるよう心がけています。
産後は体調に合わせて母児同室で過ごし授乳指導や、アロマケアなどを行っております。
また、入院中に小児科医師による新生児の診察、退院後の赤ちゃんの様子についてのお話会も行っております。
さらに、薬剤師から使用する薬剤についても、お一人おひとりの状況に合わせて説明を行っております。
退院後も母乳外来ではそれぞれのお母様の状態に合わせた相談を受けております。

全室個室と充実したアメニティ

分娩室は全室、シャワー、トイレを完備した個室となっております。産後の疲れた体を
ゆっくりと休め、ご家族とのふれあいの時間を大切に考えております。
また、入院中はアメニティを使用していただくため、病院へのお荷物は最小限のものとなります。
お部屋には、授乳クッションやソファーもご用意しております。

入院生活

・正常分娩スケジュール


・帝王切開術スケジュール


・二人目以降をお産される場合、上のお子さんとご一緒に入院を希望される方は、ご相談に応じます。
 (未就学のお子さま1人まで)そのほか、いくつかのお約束事がありますので、詳しくは診察の際に助産師におたずねください。
 子連れ入院について
 そのほかに分娩入院時には上のお子さんと産婦さまだけの来院はお控えください。
 安全を守るために必ず上のお子さんの預け先やお世話ができる方のご手配を各家庭でお願いしております。

お産費用(※分娩予定日が平成30年6月30日までの方)

自然分娩 約65万円(個室料金込み)

内訳 室料、入院料、分娩料、検査・処置手当料、新生児管理料、食事料(お祝膳含む)、マタニティ―セット 他
お産セット(ナプキン、産褥ショーツ、乳帯 他)、アメニティ(洗面用具、パジャマ、バスタオル 他)

※深夜や時間外の加算料金はありません。

別途費用

出生届(¥3,240)、産科補償制度保険料(¥16,000)

入院期間が延長した場合、延長期間分の室料が加算されます。(1日¥25,000税別)

健康保険の適応

帝王切開による出産(概算 60万円)など、分娩費用が保険適用になる場合があります。保険適応か否か、詳しい概算額などは医事課入院係にお尋ねください。

お問い合わせ

  • お問い合わせ先:医事課担当者
  • 電話番号:03-3700-1151(代表)
  • 時  間:平日10:00~16:00

産前産後クラス

当院で分娩予約をされた方を対象に、3回の産前クラスとマタニティヨガ、産後ヨガ、ベビーマッサージクラスなどを開催しています。
クラスは完全予約制です。定員に限りがございますので、お早めにご予約ください。
直接、産科棟にお越しいただくか、お電話(月曜~金曜:9~17時 03-3700-1151)にてご予約下さい。

産前クラス(無料)

  • 第1講座:楽しく過ごそうマタニティライフ
  • 第2講座:母乳と育児を楽しく学ぼう
  • 第3講座:楽しく学ぼういいお産

有料クラス(1,000円+税)

  • マタニティヨガ
  • ベビーマッサージ
  • 産後ヨガ

母乳外来

困ったときは母乳外来を利用してみて下さい。問題・不安を解消してママと赤ちゃんにとって楽しい母乳育児ができるよう、
お話を聞きながら助産師が支援していきます。

  • 対象:当院で出産された方
  • 予約:お電話にてご予約をお願いいたします
  • 受付時間:月曜~金曜 9時~17時
  • お問い合わせ先:03-3700-1151(代表)産科棟までおつなぎいたします
産婦人科のご案内
Top