放射線科当科について

放射線科について

放射線科では、院内で撮影された画像(主にCTやMRIと一部の単純写真)に関して、読影、診断し、報告書作成を行っております。院外からの画像検査依頼も受けており、迅速に、依頼機関へ報告するように努めております。
現在は、常勤医2名にて画像診断を行っております。
また、画像診断の装置や技術を利用した、インターベンショナルラジオロジー(Interventipnal;IVR)という体への負担を少なくした検査や治療は、関連する大学病院との連携にて行っております。

放射線検査による被ばく

2020年4月の医療法改正により、放射線検査のモダリティー(CTなどの撮影装置)によっては、検査単位での線量管理が必要になりました。現在、当院ではCT検査、血管造影など被ばくが比較的多い検査のみ線量管理を行っていますが、今後は全ての検査においても線量管理を行う事を目標にしております。

下表に目安になりますが、当院でのおおよその被ばく線量と診断参考レベル(DRL)を比較しておりますので、当院で検査を行われる際には、是非参考にしてください。

診断参考レベル(DRL)は2015年に我が国で初の策定が行われ、2020年には改訂が行われました。
この診断参考レベル(DRL)を基準にして、検査の最適化を行っていくのが、我々診療放射線技師の責務となっております。

一般撮影(レントゲン撮影)入射表面線量(mGy)

標準体型

検査部位診断参考レベル当院線量検査部位診断参考レベル当院線量
頭部(正面)3.91.1股関節4.01.4
頸椎(正面)0.90.3大腿部2.01.4
胸椎(正面)3.00.8膝関節0.40.2
胸部(正面)0.30.08足関節0.20.1
腹部(正面)3.00.5前腕部0.20.08
腰椎(正面)4.01.5手指部0.10.05

※一般撮影は医療被ばくガイドラインとの比較になります(日本診療放射線技師会がDRLs2015を参考にして算出しております)

CT線量 CTDIvol(mGy)

標準体型50~70Kg

検査部位診断参考レベル当院線量
頭部単純ルーチン7745
胸部136
胸部~骨盤部1615
腹部~骨盤部1813
股関節18(骨盤部として比較)12.4

※CTはDRLs2020との比較になります

Top