脳神経内科活動状況・業務実績

スタッフ紹介

部  長:齋藤 和幸
副 部 長:小林 正樹
外来診療:和田 義明(病院長・リハビリテーションセンター長)
     日熊 麻耶(リハビリテーション科医長)

活動状況

専門外来診療は齋藤(水曜午前、金曜午前)小林(月曜午前、土曜午前)、和田(火曜午後)、日熊(木曜午前)の4人が、物忘れ外来を齋藤が毎月偶数週金曜午後に行っている。また、毎週火曜は終日救急外来を齋藤が、毎週水曜午後に総合内科を小林が担当している。 入院診療は齋藤と小林の2人で担当している。
超急性期脳梗塞に対する血栓溶解療法 (rt-PA) を、脳神経外科医と分担して平日及び土曜午前に実施可能とし、東京都脳卒中救急搬送体制を通じて救急要請を受け入れている。また、区西南部医療圏内のdrip, ship & retrieve連携にも加わり、脳主幹動脈閉塞でrt-PAの効果が乏しいと想定される症例は、rt-PA投与を開始し、脳血管内治療可能施設への搬送を行っている。 入院患者は救急外来及び内科外来からの緊急入院が一般的であるが、病状精査入院も随時行っている。
入院疾患は脳血管障害が最も多いが、てんかんや認知症などの意識障害を伴う疾患、パーキンソン病をはじめとした神経変性疾患、四肢の運動感覚障害を伴う末梢神経障害、髄膜炎などの神経疾患に合併する感染症や電解質異常を伴う代謝性疾患など多岐にわたった疾患群も請け負っている。急性期脳卒中症例では緊急の頭部CTや脳MRIの施行が必要であり、放射線科の多大な協力のもとに診療を行っている。超急性期脳梗塞に対するrt-PAを行う際はHCUスタッフ及び薬剤科の協力も必須となっている。身体機能、言語・嚥下機能に障害のある患者が多く、常時リハビリテーション科や医療相談室と密接に協力しながら診療している。 外来疾患も認知症、脳血管障害、てんかん、神経変性疾患(パーキンソン病や脊髄小脳変性症など)、脱髄性疾患、重症筋無力症などの神経筋疾患など多岐に渡っている。 入院患者の病状をコメディカルスタッフと共有する為に、病棟カンファレンスを毎週月曜午後、リハビリテーションカンファレンスを毎週金曜夕方に行っている。院内委員会は月1回の外来運営委員会及び救急講習委員会 (院内ICLS開催運営) に齋藤が出席している。

今後の目標

入院及び外来患者数の増加、平均在院日数の短縮、疾患診断及び治療レベルを向上し各学会及び論文発表を積極的に行い、併せて研修医指導の充実に努めていきたい。

【脳神経内科最近の業績】

(齋藤の業績)
1. Saito K, Shimizu Y, Higuma M, Kubodera T, Wada Y. Posterior Reversible Encephalopathy Syndrome and Reversible Cerebral Vasoconstriction Syndrome after Rapid Blood Transfusion. Intern Med. 2019 Apr 17. doi: 10.2169/internalmedicine.1768-18.
2. Saito K, Iwabuchi C, Wada Y, Watanabe Y. Case of herpes zoster with herpetic folliculitis complicated with meningitis: Immunohistochemistry. J Dermatol. 2019 Mar 19. doi: 10.1111/1346-8138.14851.
3. 齋藤, 日野, 藤田, 林, 久保寺, 和田. てんかん治療中に左大脳半球石灰化の出現から診断に至ったBorden type III硬膜動静脈瘻の1例. 臨床神経. 2019 ; 59:93-97.
4. 林, 町田, 片山, 横手, 齋藤, 増村, 小林, 融. 経過中に心膜炎の増悪を認めた抗EJ抗体陽性抗ARS抗体症候群の69歳男性例. 臨床神経,59:21-26,2019.
5. Saito K, Toru S, Shima S, Mutoh T. Anti-neutral glycolipids antibody-positive combined central and peripheral demyelination mimicking encephalomyeloradiculoneuropathy phenotype. Clin Neurol Neurosurg. 2018 Sep;172:90-92.
6. Saito K, Nakadai T, Yokote H, Toru S. Case of relapsing remitting neuro-Sweet disease mimicking immunoglobulin G4-related disease. J Dermatol 2018 ; 45(7) : e197-8.
7. Yamada H, Saito K, Hokari M, Toru S. Brain biopsy to aid diagnosis of neuro-Behçet’s disease: Case report and literature review. eNeurologicalSci. 2017 Jun 3;8:2-4.
8. Saito K, Watanabe T, Toru S. Multiple Hemorrhagic Cerebral Cortical Lesions in Neuro-Behçet’s disease Disease. Intern Med. 2017 Sep 1;56(17):2377-2378. doi: 10.2169/internalmedicine.8632-16.
9. 齋藤, 土肥, 苅草, 坂田, 笹栗, 融. Mobile mitral annular calcification-related calcified amorphous tumor の経過中に脳梗塞を発症した血液維持透析中の1例. 臨床神経,56:580-583,2016.
10. Saito K, Shimizu F, Koga M, Sano Y, Tasaki A, Abe M, Haruki H, Maeda T, Suzuki S, Kusunoki S, Mizusawa H, Kanda T. Blood-brain barrier destruction determines Fisher/Bickerstaff clinical phenotypes: an in vitro study. J Neurol Neurosurg Psychiatry. 2013 Jul;84(7):756-65.


(小林の業績)
1. 林, 町田, 片山, 横手, 齋藤, 増村, 小林, 融. 経過中に心膜炎の増悪を認めた抗EJ抗体陽性抗ARS抗体症候群の69歳男性例. 臨床神経,59:21-26,2019.
2. Kobayashi M, Zochodne DW. Diabetic neuropathy and the sensory neuron: New aspects of pathogenesis and their treatment implications. J Diabetes Investig 2018 ; 6 : 1239-1254.
3. Kobayashi M, Chandrasekhar A, Cheng C, Martinez JA, Ng H, Hoz C de la, DW. Zochodne DW. Diabetic polyneuropathy, sensory neurons, nuclear structure and spliceosome alterations: a role for CWC22. Dis Model Mech. 2017 ; 10 : 215-224. 4. Martinez JA , Kobayashi M, Krishnan A, Webber C, Christie K, Guo G, Singh V, Zochodene DW. Intrinsic facilitation of adult peripheral nerve regeneration by the sonic hedgehog morphogen. Exp Neurol 2015 ; 271 : 493-505.
5. Cheng C, Kobayashi M, Martinez JA, Ng H, Moser JJ, Wang X, Singh V, Fritzler MJ, Zochodne DW. Evidence for epigenetic regulation of gene expression and function in chronic diabetic polyneuropathy. J Neuropathol Exp Neurol 2015 ; 74 : 804-817.
6. Kobayashi M, Ishibashi S, Tomimitsu H, Yokota T, Mizusawa H. Proliferating immature Schwann cells contribute to nerve regeneration after ischemic peripheral injury. J Neuropathol Exp Neurol 2012 ; 71 : 511-519.
7. Kobayashi M, Yokota T, Tomimitsu H, Ishibashi S, Sekiguchi T, Kanouchi T, Ishikawa K, Mizusawa H. Motor-dominant inflammatory demyelinating polyradiculoneuropathy with Uhthoff-like phenomenon is a distinct clinical entity? Muscle Nerve 2012 ; 46 : 140-142.
Top