薬剤科外来患者さんへ

外来患者さんへ

近年、外来通院で必要となる薬は院外の保険薬局で受け取る仕組みになっていますが、当院では院内で薬剤師が調剤し院内でお渡します。院外処方箋を希望する場合は、診察室で医師にお尋ねください。外来でのお薬受け取りまでの待ち時間は平均20分程度です(処方された薬の内容によっては待ち時間が前後することがあります)。

薬剤科

薬剤科で発行される処方箋は、医師が電子カルテで処方を入力すると、そのデータが処方箋として発行される仕組みとなっています(オーダリングシステム)。患者さんごとに他科受診の重複投与や飲み合わせのチェックを行います。くすりを誤って服用するなど不安のある方にはご希望により用法ごとに錠剤を一包化してお渡しします。

薬剤科

外来診察室に常駐または出向し治療を支援します。

【抗がん剤治療中の患者さんへ】

診察前後あるいは診察中に薬剤師が面談し、医師と協働して最適な薬物治療や支持療法を選択します。それぞれの専門知識を出し合って、患者さん個々にベストな治療を探ります。治療の疑問や困ったことがあったらいつでもご相談ください。また、使用する点滴は薬剤師が無菌的に安全キャビネットにて混合・調製し、より安心安全な注射薬を提供しています。

薬剤科

【がんによる痛みのある患者さんへ】

薬剤師が医師の診察前に面談し痛みの評価を行います。また、医療用麻薬の服薬方法や注意事項について説明し、服薬に対する不安を解消します。がんによる痛みやその治療について知りたいことがあれば、お気軽に薬剤師にご相談ください。

薬剤科

【腎臓病患者さんへ】

医師、看護師、管理栄養士、薬剤師が協働して包括的な患者説明を行っています。薬剤師は、投与計画、投与量の確認、服薬説明などを通じて安全な治療の実施に関わっています。

薬剤科

手術予定の患者さんの服用薬を確認しています。

現在は、全人工股関節置換術の患者さんが対象です。入院が決定した患者さんは、現在服用中のお薬の内容を確認しますので、外来受診時にお薬手帳を持参してください。

Top