薬剤科入院患者さんへ

入院患者さんへ

入院中に使用する内服薬・外用薬などを調剤しています。

  外来での調剤と同様にオーダリングシステムを利用して調剤します。外来と異なる点は、入院中の処方薬と持参された薬をチェックしてから調剤しているところです。近年、国は医療費増加の解消に向けてジェネリック薬の導入を進めています。先発薬とジェネリック薬は成分が同じでも名称が異なります。間違って同じ薬を飲まないようにするため、必ずお薬手帳をご持参ください。

入院中に使用する注射薬を調剤しています。

  1回施用ごとに看護師が取り出せるように調剤しています。注射薬や点滴と混ぜ合わせることで起こる配合変化や、薬が相互に悪影響を及ぼす組み合わせがないよう確認しています。また、患者さんの生理機能の違いによって生じる悪影響を回避したり適正な使用量かチェックしています。

抗がん剤の注射薬を無菌的に混合・調製しています。

  使用する点滴は薬剤師が無菌的に安全キャビネットにて混合・調製し、より安全安心な注射薬を提供しています。

薬剤科
薬剤科
薬剤科

患者さんのベッドサイドへ薬剤師が薬の説明に伺います。

【薬剤管理指導業務】

  病棟毎に担当薬剤師が常駐し、処方されたお薬についてどんな効果があるのか、副作用の初期症状、服薬にあたっての注意や説明を行います。また、検査値、カルテ、患者さんの訴え等から、適正な治療が進んでいるか確認しています。

【病棟薬剤業務】

  薬剤師は、患者さんの見えないところでも服薬歴や処方歴、検査値をチェックして、より適切で安全な治療が選択されているか薬剤師の立場からチェックしています。

持参したお薬を確認します。

  入院時に持参したお薬について薬剤師が調べて報告書を作成し、医師への診療支援を行っています。お薬手帳はとても重要な情報となりますので、忘れずに持参してください。

これまでに経験した副作用やアレルギー歴を確認します。

入院中に安心して治療を受けられるように、これまでに経験した副作用や薬によるアレルギーを確認します。そのような経験のある方は、お薬手帳に記入して持参してください。

薬の投与量設計を行います。

治療域が狭く治療域と中毒域が近い薬は、投与量を厳格に調節する必要があります。薬剤師は、薬の血中濃度測定結果から患者さんへ最適な投与量や投与方法を提案しています。

チーム医療に参加しています。

当院では、主治医とは別に様々なチームが患者さんの治療をサポートするために関わっています。薬剤師は、緩和ケアチーム、慢性腎臓病チーム、感染症対策チーム、栄養サポートチーム、褥瘡チームに参加し、各チームの中で使用する最適な薬物治療を支援しています。

薬剤科
薬剤科
薬剤科
Top