股関節センター(予約制)業務実績・研究実績

活動状況

活動状況概要

当センターにおいては、国内・国際学会での数多い発表、講演ならびにこれらの基礎となる小侵襲手術手技の工夫や術後超早期リハビリの実行と正確な手術達成のための3D-CTモデルを活用したナビゲーション手術(厚生労働省認可:先進医療)の開発・施行、新しい人工股関節の開発、さらにはCTを用いた人工股関節手術における3D添付レーティング・ソフトの共同開発を行っております(国立研究開発法人日本医療研究開発機構A‐STEP研究)。

※各年度ごとの業務実績をご覧になる方は、ご希望の年度をクリックして下さい。

2015年度  2014年度  2013年度  2012年度  2011年度  2010年度  2009年度  2008年度  2007年度  2006年度  2005年度  2004年度 

今後の目標

  1. 先進医療(正確な手術達成のための3D-CTモデルを活用した新ナビゲーション手術:厚生労働省認可)のさらなる開発・施行
  2. 国立研究開発法人日本医療研究開発機構A-STEP研究:人口股関節を1時間以内に精度高く設置する誘導装置の開発ならびに市場導入
  3. 新しい人工股関節stemの開発(2015年発売予定)と臨床応用
  4. CTを利用した3Dテンプレート・プログラムの開発
  5. 新しい人工股関節cupの開発
  6. Augmenter Reality(AR)を応用した人工股関節設置誘導プログラムの開発応用
  7. 新しく開発したFEMソフトウェアによる人工股関節置換術後の骨の将来予測法の開発(新潟大学工学部と共同研究)

学会発表・研究実績

2015年度学会発表・研究実績はこちらから(PDF, 1.01MB)

Top