泌尿器科業務実績・研究業績

※各年度ごとの業務実績をご覧になる方は、ご希望の年度をクリックして下さい。

2016年度  2015年度 

スタッフ紹介(2016.3現在)

  • 部 長:五十嵐 一真
  • 部 長:小林 剛
  • 医 長:田中 将樹
  • 非常勤:関根 英明(帝京大学溝口病院副院長)、渡邊 昌太郎(東邦大学医療センター大橋病院)

活動状況

外来は平日午前午後、土曜午前実施しており、積極的に患者を受け入れている。午前は原則2診で行っており、待ち時間の短縮に努めている。超音波検査装置、尿流量測定装置、膀胱内圧測定装置、残尿測定器などを常備し、泌尿器科的外来検査のほとんどが実施可能である。膀胱鏡検査では軟性鏡を積極的に使用することで患者侵襲の軽減を図るだけでなく、これまで硬性鏡では検査困難であった寝たきり患者や麻痺のある患者にも実施可能となっている。尿検査も医師が直接鏡検することで、より迅速かつ正確な判断が可能となっている。
尿管結石が疑われる患者に対しては、臨時でCT検査を実施することで迅速な診断・適切な治療が可能となっている。当院には結石破砕の治療器具がないため、外科的治療が必要な患者は近隣医療機関と連携して治療にあたっている。特に体外衝撃波結石破砕術(ESWL)は帝京大学溝口病院と連携しており、直接破砕治療の予約が可能となっている。
前立腺癌が疑われる患者にはPSA検査が当日中に結果が判明するため、より迅速な対応が可能となっている。最近は前立腺のMRI検査を行うことで、前立腺針生検の必要性をより正確に判断することができ、不必要な検査を回避することが可能となっている。
入院は周術期管理が中心ではあるが、尿路感染症の治療や各種癌に対する抗癌剤治療や終末期医療等の泌尿器科治療全般を行っている。また緩和ケアを積極的に行い、QOLの改善を図っている。
手術は予定手術を火曜日に行っているが、手術件数の増加に伴い他の曜日の手術も増加している。緊急手術は随時行っている。内視鏡下手術が中心となっているが、開腹手術も積極的に行っている。最近は尿管結石に伴う敗血症や播種性血管内凝固症候群(DIC)が増加しており、経尿道的尿管ステント留置術の緊急手術が増えている。それに伴い高度な全身管理を必要とする症例も増加しいているが、他診療科の協力を得ながら集学的治療を行っている。
2014年6月より導入した光選択的前立腺蒸散術(PVP)は高い安全性と従来の手術と同様の有効性を併せ持ち、患者にも医療従事者に負担の少ない手術である。これまでは合併症等により手術を断念していた患者にも施行可能となっており、近隣医療機関より紹介される患者も増加している。当院における治療成績も良好であり、手術件数も増加している。件数の増加に伴い手術の待機期間が延長しており、期間の短縮化が目下の目標である。

今後の目標

  1. PVP手術を推進し、より安全かつ有効な前立腺肥大症手術を実施する。
  2. PVP手術の安全性・有効性を院内外に発信し、患者数・手術数の増加に努める。
  3. 手術の待機期間の短縮化を図り、患者の要望に対して迅速に対応する。
  4. 小切開手術や内視鏡手術をより積極的に行い、患者負担の軽減に努める。
  5. 集学的治療・緩和治療・在宅治療等を積極的に推進し、患者のQOL向上に努める。
  6. 泌尿器科的緊急処置、救急対応や他科との連携を積極的に行う。
  7. 地域医療機関との連携を図り、当科の活動を積極的に発信する。
Top