胸部外科2016年 業務実績

※各年度ごとの業務実績をご覧になる方は、ご希望の年度をクリックして下さい。

2016年度  2015年度 

スタッフ紹介(2017.3現在)

センター長:栗原 正利
副センター長(部長兼任):溝渕 輝明
非常勤:肥塚 智(東邦大学)、江花 弘基(順天堂大学)、山中 澄隆(都立荏原病院)

活動状況

気胸研究センターの活動目標は大きく三本柱がある。
1 患者さんが当研究センターで治療を受け肉体的にも精神的にも回復し、「ここで治療を受け正解だった」と満足して社会復帰できること。
2 気胸肺嚢胞に関する多面的な研究活動義務と考えて、この分野で常にリードしていくこと。
3 診療、研究を通して私たちが人間としての深みと寛容と暖かさを身につけ、己の人生をより充実したものにしていくこと。
こうした基本理念のもとに様々な活動を行ってきた。
すなわち、中心となるグループは順天堂大学呼吸器内科 瀬山邦明准教授、日赤医療センター病理部 熊坂利夫医師および気胸肺嚢胞スタディグループの医師達と臨床と研究および患者啓蒙活動である。
(1)LAM研究
リンパ脈管筋腫症患者における気胸の治療に対してTPC治療(total pleural covering)の症例数が50例を越えた。その手技や術式も次第に完成されてきた。術後の様々な影響を検討して良好な成績である。原著論文として採択された。厚労省の特定疾患の治療法にも掲載されており、この治療法が日本および海外で普遍的な治療法として認められつつある。海外からの患者の問い合わせが来ておりその受け入れ体制について、語学研修、英文書類など準備中である。
(2)BHD研究
Birt-Hogg-Dube症候群に対するDNA解析と病理学的検討および原因研究を行っている。研究成果は徐々に出始めている。治療としてはTPC治療を応用したLPC治療(lower pleural covering)を行い、術後気胸再発例は現在のところなく、革新的な治療法として確立されつつある。
(3)TGF治療
難治性遷延性気漏の治療法としてTGF治療(thoracographic fibrin glue sealing method)は確立されたと考えている。この技術を全国的に広めることが今後の活動の一つである。近未来には海外への普及を考え、国際学会への発表と英文論文投稿を行いつつある。
(4)EWS研究
全国的な治験は終了して、2013年には保険診療が認められた。
(5)月経随伴性気胸研究
聖路加国際病院放射線科の指導のもとにMRI画像診断を試みている。画像で月経随伴性気胸の画像診断可能例も徐々に増えており、その限界や特質も解析されつつある。
子宮内膜組織の胸腔内での進展機序が解明されつつある。ステージ分類による治療成績も明らかになりつつある。
厚労省科学研究補助金 難治性疾患等政策研究事業 
稀少部位子宮内膜症の全国調査とガイドラインの作成
東大婦人科大須賀 穣教授を班長として、3年間の研究事業として始まった。
本年度は稀少部位子宮内膜症の全国調査である。次年度はその集計結果の公表である。
(6)気胸肺のう胞スタディグループの活動
2010年度の年報で当グループの設立を紹介したが、年2回の研究報告会および内科・外科・病理・放射線科との意見交換、共同研究を行っている。
(7)J-LAM(リンパ脈管筋腫症患者の会)への支援
日本に約400人存在するLAM患者さんを支援している。毎年患者会を開催して、患者さん向けの勉強会を行っている。内容は症候群であるため多臓器の障害に対する研究状況や治療法から、個々の精神的、肉体的問題から家族関係にいたるまでの相談に応じている。また世界的治験薬の進捗状況や日本での無償供与を厚労省およびファイザー製薬に働きかけている。最近、治験薬ラパマイシンの無償供与が決まった。
(8)月経随伴性気胸患者会への支援
年2回の勉強会および情報交換会、全国アンケート調査と論文化の支援を行っている。
(9)日本呼吸器外科学会における新専門医制度委員会のメンバー
上記の新専門医制度のカリキュラムおよびプログラムの作成を行っている。
(10)第20回日本気胸・嚢胞性肺疾患学会会長
9月9日―10日に品川 コクヨホールにて開催した。200人の参加者を得て活気ある討論が行われた。
(11)その他 
呼吸器外科医不足のため、各大学教室との関連を強めスタッフの充実を図る。全国的に呼吸器外科医の増加は厳しい状況が続き、常勤3人態勢の確立が急務である。

今後の目標

専門外来、専門病棟の確立と不足しているスタッフの充実を図る。

Top