小児科2017年 業務実績

※各年度ごとの業務実績をご覧になる方は、ご希望の年度をクリックして下さい。

2017年度  2016年度  2015年度 

スタッフ紹介(2018.3現在)

  • 医 長:三浦 孝夫
  • 非常勤:上砂 光裕、松岡 和彦

活動状況

  • 一般外来:月・水~金曜日(午前午後)・火・土曜日(午前)
  • 1か月健診:火曜日(午後)
  • 乳幼児健診:月・水~金曜日(午後)
  • 予防接種:月・水~金曜日(午後)
  • 入院(一般小児):入院治療は行っておらず、入院が必要な場合近隣の医療機関に紹介している。
  • 新生児入院:おおよその目安であるが、当院出生の在胎35週以上・出生体重2,000g以上かつ点滴・呼吸管理を要さない児の入院管理を行っている。それを満たさない場合も母子分離のデメリットを考慮し、可能な限り当院での管理を目指している。なお先天性心疾患や消化器奇形など緊急処置を要する新生児に関しては成育医療センター等のNICUに搬送している。

今後の目標

マンパワーの問題もあり一般小児の入院管理ができないため外来がメインとなる。医療機器が豊富という開業医にはない長所を生かし、common diseaseでもおろそかにせず、小児が楽しく社会生活を送るにあたって支障となる可能性の高い喘息や食物アレルギー、夜尿症や低身長などの疾患に対し積極的に介入、健常な児と変わらぬ生活を送れるよう支援する。中耳炎やアトピー性皮膚炎など他科との連携が重要な疾患に対しても協力して診療にあたる。
新生児に対しては産科スタッフと綿密にコミュニケーションを図り、可能な限り完全母乳を推進している。母乳外来や母親学級にも積極的で愛着形成をバックアップしている。
また母親に対しては丁寧に病状説明を行い、選ばれる病院となるよう努力していく。

Top