脳神経外科2017年 業務実績

※各年度ごとの業務実績をご覧になる方は、ご希望の年度をクリックして下さい。

2017年度  2016年度  2015年度 

2017年度

スタッフ紹介(2018.3現在)

部 長:宮城 敦
副部長:御任 明利
非常勤:藤田 聡(東邦大学医療センター大橋病院)

活動状況

診療

  • 外来患者数 3,239人(初診:1,023人 再診:2,216人 紹介率:64.9%)
  • 入院患者数 2,133人(平均在院日数:18.1日)
  • 救急車搬送数 505件
  • 手術件数 局所麻酔下手術 22件  全身麻酔下手術 53件
    (手術内訳)頭部外傷:28件 血管性病変:16件 水頭症:17件
          脳腫瘍:5件   感 染   :3件 その他: 6件

御任明利医師が常勤となり、正常圧水頭症の症例が増え、脳室腹腔シャント術の件数が増加した。
脳外科医が2人体制となり、救急における卒中A対応において、平日の日勤帯を神経内科医師とともに全てカバーすることとなる。全体の脳外科対応の救急件数が増加しただけでなく、卒中A対応の件数の増加も認められた。2015年よりt-PAによる急性期血栓溶解療法がおこなわれた症例数は20例に達している。

活動状況

  • 脳神経外科に携わるスタッフ全員への教育を通して、適切な脳神経外科疾患の管理、治療が可能となること
  • 脳卒中や頭部外傷の救急患者を積極的に受け入れ、年間の手術件数を増やしていくこと
  • 特発性正常圧水頭症センターを立ち上げるべく神経内科、リハビリテーション科との連携をとりながら準備をすすめていくこと
  • クリニカルパスを指標として、High Care Unitや外科病棟での術後の患者管理が可能となること
  • コンピュータ画像誘導装置を利用した低侵襲手術をおこなっていくこと
  • 神経内視鏡を使用した低侵襲手術の検討をおこなっていくこと
  • 脳神経外科常勤スタッフを3人体制とし、治療の幅を増やすこと
Top