外科一般・消化器外科

玉川病院

一般・消化器外科について

当院の外科(一般外科・消化器外科・肝胆膵外科・食道外科乳腺外科)は消化器外科を中心にいろいろな外科的疾患に幅広く対応できるような体制をとっています。
以下にあげるような疾患のほかにも悩まれているようなことがあればお気軽にご相談ください。

主な疾患

消化器疾患

食道疾患

食道がんに対しては手術を中心に集学的治療を行っています。早期のものには内視鏡治療を施行しています。アカラシア、逆流性食道炎といった機能性の病気に対しては積極的に腹腔鏡手術を取り入れております。

くわしくはこちら。

胃疾患

胃がんに対し手術を中心に治療を行っています。早期のものには積極的に内視鏡治療を施行しています。その他、胃潰瘍、粘膜下腫瘍、ポリープ等に対して治療を行っています。

大腸疾患

大腸がんに対し手術を中心に治療を行っています。なお、当院では積極的に腹腔鏡手術を取り入れています。その他、大腸ポリープに対しては内視鏡的切除(ポリペクトミー)を行っております。

くわしくはこちら。

肝・膵・胆嚢

膵がん、胆道がんおよび肝がんに対して手術を中心に治療しています。胆石症や胆嚢炎に対しては腹腔鏡手術を行っています。その他、慢性膵炎に対しても治療しています。

肛門・痔疾患

痔疾患は、ほとんどの場合、薬のみの治療で済みます。
やや、大きな内痔核(いぼ痔)に対しては、ゴム輪による結紮術を行っています。(外来治療です)
手術適応のある痔疾患に対しては、積極的に手術を施行しております。
詳しくは外科外来にお問い合わせ下さい。

鼠径ヘルニア

当院特有のヘルニオグラフィーを用いて最も侵襲の小さな手術法を選びます。短期間入院で行っており、小児は日帰り手術です。

くわしくはこちら。

乳腺外科

月・金曜、午後(担当:大石 陽子)予約制です。詳しくは、外科外来にお尋ね下さい。ただし、乳癌検診については随時受け付けています。

くわしくはこちら。

血管病変

動脈硬化性疾患、腹部大動脈瘤などの人工血管手術やIVR(放射線機器を用いた治療)および下肢静脈瘤手術と硬化療法を行っております。

腹腔鏡手術

逆流性食道炎、アカラシア、胆石症、大腸がん、急性虫垂炎、ヘルニア、腸閉塞、胃良性腫瘍などに積極的に取り入れております。創が小さく、回復も早くメリットの多い方法です。低侵襲の腹腔鏡手術を希望される方はご相談下さい。