診療支援部門薬剤科

玉川病院

案内

薬剤科は20人の薬剤師と2人の助手(非常勤)で構成され、病棟薬剤管理指導、内服薬調剤、注射薬調剤、注射薬調製(抗がん剤)、院内製剤、医薬品情報、TDMの解析、持参薬鑑別、医薬品管理、治験薬管理、休日・夜間救急当直などの業務を担っております。

目標

患者様の生命・健康の保持増進への寄与、調剤や医薬品の供給など薬事衛生の向上、医薬品の適正使用情報の提供などに努めています。

病棟薬剤管理指導業務

病棟別に担当薬剤師がおり、患者さんに処方されたお薬について、どんな効果があるのか、副作用の初期症状、服薬にあたっての注意や説明を行っております。また、検査値、カルテの記載事項、患者さんの訴え等から、適正にお薬が使用されているかなどのチェックをしております。

内服薬調剤

処方はオーダリングシステムを導入しております。薬剤科では患者さんごとに他科受診の際の重複投与チェックや飲み合わせの悪い薬剤のチェックを行っております。くすりの服用に不安のある方にはご希望により、用法ごとに錠剤を一袋ずつ分包してお出ししております。

注射薬調剤

患者さんの1回施用ごとにセットしています。お薬を混ぜ合わせることで起こる配合変化や、組み合わせ使用による体への影響、適正量のチェックを行っております。

注射薬調製業務(抗がん剤)

安全キャビネット内(陰圧室)で調製を行っております。また投与計画、投与量、休薬期間の確認など医師、薬剤師、看護師が協働にておこない、安全な治療の実施に努めています。

院内製剤

治療や検査で必要性があるものを院内で使用を審議したうえで調製しています。製剤によっては高圧蒸気滅菌機で滅菌処理をおこなったり、無菌室内で無菌操作にて調製します。これらの製剤化にあたっては「品質、有効性、安全性」への配慮を充分に行っております。

医薬品情報

日々更新される、医薬品情報を一括管理しており、緊急性のあるものは迅速に医師などへ情報を伝達しております。さらに毎月「薬剤科ニュース」として各薬剤の追加情報などを院内に配布し、医薬品情報の徹底を図っております。
院内医薬品集、緊急安全性情報、最新医薬品添付文書情報等の供覧を可能とすると共に、院内の医薬品使用状況や副作用情報を収集、分析して医薬品適正使用に反映させています。

夜間・休日体制

休日や夜間におかかりになった患者さんのためにお薬の調剤を行っております。

持参薬

ご入院時にお持ちになったお薬を薬剤師が調べ、報告書・継続指示書を作成し、医師や看護師へ診療支援を行っています。お薬手帳はとても重要な情報源となりますので、忘れずにお持ちください。

おもな設備

  • 調剤支援システム(処方監査システム、薬歴管理システム、薬袋発行機、散剤監査システム)
  • 全自動錠剤分包機
  • 全自動散剤分包機
  • 在庫管理システム
  • 高圧蒸気滅菌機
  • クリーンルーム(陽圧室1室・陰圧室1室)
  • クリーンベンチ
  • 安全キャビネット