その他の科皮膚科

玉川病院

皮膚科について

皮膚は、人体で最大の臓器で、水分・体温調節、感染や物理的な刺激に対する防御、感覚器としての役割のほか免疫反応を司る重要な臓器でもあります。
あせも(汗疹)、みずいぼ(伝染性軟属腫)、水虫(足白癬)など身近な疾患が多くありますが、内臓疾患、膠原病などの全身性疾患を反映し皮膚病変を呈する場合もあります。皮膚科ではこのような多岐にわたる皮膚病変を正確に判断することが重要です。この数年の間、病気のメカニズムが解明され、診断、治療も急速な発展を遂げました。アトピー性皮膚炎、乾癬においては、免疫抑制剤、生物製剤、光線治療など治療の選択肢が広がり、新しい塗り薬の開発によりにきびや日光角化症の治療も大きく変わりました。私どもは皮膚科の基礎である発疹の観察を基本とし、このような最新の知識、検査をもとに、最善の治療を心がけ診療したいと考えています。患者さんとともに皮膚症状の改善を共有することが喜びであります。他疾患の合併がある場合は他科との連携、大学及び専門医療機関との連携も図り、皮膚の良性腫瘍や早期の悪性腫瘍に関しては、形成外科とも連携し対応しております。皮膚に何か問題がある場合は、是非お気軽にご相談ください。

当院で診療する主な疾患について

  • 湿疹・皮膚炎(アトピー性皮膚炎、かぶれなど)・蕁麻疹など
  • 薬疹など
  • 尋常性ざ瘡(にきび)
  • 円形脱毛症、男性型脱毛症
  • 細菌感染症(とびひ、おでき、蜂窩織炎など)
  • 真菌感染症(水虫、爪水虫、たむし、皮膚カンジダ症など)
  • ウイルス感染症(いぼ、みずいぼ、ヘルペス、帯状疱疹など)
  • 乾癬など
  • 皮膚良性腫瘍(粉瘤、ほくろ、脂肪腫など)、皮膚悪性腫瘍(早期)

検査

皮膚の生検(局所麻酔下にてわずかな皮膚をとり、診断のための情報を得る事ができます)
アレルギー検査(血液検査、予約制にてパッチテスト、プリックテストも施行)、ダーモスコピー検査
画像診断(予約制にて当院検査科で超音波、CT、MRIなども施行)など

治療

軟膏療法、内服薬の治療

アトピー性皮膚炎、にきび、乾癬に対しては皮膚症状にあわせ軟膏療法、内服薬の適切な治療を行っています。
爪白癬には外用療法の他に抗真菌薬のパルス療法(1週間内服を月1回)と従来の連日内服治療を行っています。
男性型脱毛症に対しての内服治療も行っています。

ナローバンドUVBによる光線療法

乾癬、掌蹠膿疱症、尋常性白斑、アトピー性皮膚炎、類乾癬などの治療を行っています。

皮膚良性、悪性腫瘍の外科的治療

外科的手術、液体窒素による冷凍凝固療法などを行っています。

認定施設

日本皮膚科学会専門医研修施設