その他の科泌尿器科

玉川病院

PVPの手術症例が100例を超えました

PVP(光選択的前立腺蒸散術)についてはこちら

2014年6月に導入いたしましたPVPの手術症例が
2017年1月現在で100例を超えました。
PVPでは、従来のTUR-Pに比べて合併症が少なく、術後留置カテーテルの早期抜去が可能であり入院期間も短縮可されています。PVPは従来のTUR-Pとその有効性はほぼ同等ですが、より安全性が高く、周術期のQOLも高い手術方法です。 今後も実績を重ねながら、より安心で安全な治療を行って参ります。

PVP治療実績

IPSS(自覚症状スコア)

IPSSについて

IPSSは国際前立腺症状スコアと呼ばれる自覚症状の程度を点数化したものです。 0~7点が軽症、8~19点が中等症、20~35点が重症とされています。
QOLスコア(満足度)

QOLスコアについて

IPSSと合わせて前立腺肥大症の症状がどのくらい生活に支障をきたしているのかを判断するスコアです。0、1点が軽症、2~4点が中等症、5、6点が重症です。
Qmax(尿の勢い)

Qmaxについて

最大尿流率(尿の勢い)を確認する指標です。 正常値は150ml以上の排尿時で15ml/秒以上とされています。
残尿量

残尿量について

排尿後に膀胱内に残っている尿の量を確認する指標です。残尿量が多いほど尿を「出す」力が低下していると考えられます。残尿は50ml以下が正常とされています。


その他にも術後尿道カテーテルは殆どの方(9割以上)が翌日に抜去しており、鎮静剤は8割の方が不要でした。そのため入院期間も8割以上の方が3泊4日で退院しています。
PVPは従来の手術に比べて負担が少ない手術です。これまで手術を敬遠していた方や合併症などで手術をあきらめていた方は一度ご相談ください。
担当医師はこちらから