内科脳神経内科(予約制)

玉川病院

脳神経内科について

脳や神経の病気を担当する内科が脳神経内科です(単に「神経内科」と呼んでも同じです)。
当院ではリハビリテーション科所属の和田医師は神経内科専門医で、外来を行っています。

脳梗塞について

当科の入院患者さんで一番多い病気は、脳梗塞です。
現在、脳梗塞には有効な薬があり早期治療が大切です。手足が動かしにくい、ロレツが回らない、意識がはっきりしないなど、脳梗塞の心配のある時はすぐに受診されることをお勧めします(脳卒中の中でも、脳出血、クモ膜下出血の場合は、脳神経外科の診療が必要なため、大学病院などに紹介させていただく場合があります)。
脳梗塞で入院した患者さんが回復して退院された後は再発予防が大切で、沢山の方が外来通院されています。この場合、高血圧、糖尿病、高脂血症、肥満などいわゆる生活習慣病の適切な治療、また禁煙などが必要で、患者さん自身の病気に対する理解が重要です。これらの点についても内科の他部門と協力して積極的に診療しています。

その他様々な病気について

脳神経内科の担当する病気は種類が多く、アルツハイマーなどの痴呆症、手がふるえて動作が鈍くなるパーキンソン病、ふらつきがおこる小脳の病気、手足のしびれがおこる末梢神経の病気、筋ジストロフィーなどの筋肉病や、発作をおこすてんかんも専門分野です。
頭痛の患者さんも沢山受診されています。多くの頭痛の患者さんは脳の病気を心配して当科を受診されますが、頭痛の大半は脳の病気ではなく、片頭痛、緊張型頭痛など機能性頭痛と言われるもので、飲み薬で良くなるのが普通です。気軽に受診されることをお薦めします。当科では脳のCTスキャンやMRI、また脳波、神経伝導検査、筋電図などの電気生理学的検査も行っています。
一方、同じ「神経」ということであっても、イライラする、気持ちが落ち込んでゆううつだ、眠れないなどの症状は、脳の病気というより心の不調です。この場合は、まず心療内科や精神神経科を受診されるのが適切です。
また、交通事故で頭を打った、怪我をしたなどの場合は脳神経外科の診療が必要になります。しかしその区別は分かりにくいので、迷ったら当科で御相談下さい。
脳神経内科は、高齢化社会になるにつれますます患者さんが多く、気軽に受診できることが必要なので、今後さらにその体制の整備に努めたいと考えています。